院長著書のご紹介|東京都中央区銀座並木通りクリニックは内科・外科・呼吸器科の一般診療とがんの外来治療(腫瘍内科・緩和ケア内科)中心のクリニックです

東京都中央区の銀座並木通りクリニック|内科 外科 呼吸器科 がんの外来治療・緩和ケア・セカンドオピニオン

銀座駅 C8出口直結

月~金:10:00~18:00、電話番号は03-3562-7773

院長著書のご紹介

がんは引き分けに持ち込め

2015年12月26日(土)より
全国書店・電子書籍ストアにて発売中です。

書籍の購入は書店の他、インターネットからも可能です
セブン&アイ出版 1,200円(税別)
インターネット購入はこちらから(Amazon.co.jp)

電子書籍ストアからもご購入いただけます

本書「はじめに」より

「あとは緩和……」と、宣告された方に読んでいただきたい

皆さんは、「がん患者」という言葉に
どのようなイメージをお持ちでしょうか。
単に「がん患者」といってもさまざまです。
がんと宣告され、これから治療を受けようという患者さん。
治療を受けて完治した患者さん。
現在進行形で治療中の患者さん。
ひとまず治療が一段落した患者さん。
がんが再発したり、転移したりで、再び治療中の患者さん。
そして、がんがいよいよ進行し、終末期を迎えた患者さん……などなど。
皆、同じ「がん患者」ではあっても、状況は異なります。

そうしたなかで、本書を真っ先に読んでいただきたい患者さんは、ある意味、医師に見放されたがん患者さんです。 特に、「……あとは緩和医療を受けることをお勧めします」と、医師に宣告された患者さん、および、その家族の方々です。

メディア掲載情報
AERA  2015年9月7日号
大特集「がんを恐れない」
週刊現代
がん撲滅へ 名医6人が特別チームを結成
朝日新聞
私の視点
産経新聞
ゆうゆうLife
メディア掲載情報一覧へ
院長コラム
がん休眠療法
がん休眠療法治療成績
少量(低用量)抗がん剤治療
最低限の適応条件
少量(低用量)抗がん剤 副作用
脱毛
少量(低用量)抗がん剤 副作用
吐き気(消化器症状)
がん性腹水と
腹水濾過濃縮再静注法(CART)
禁煙外来・チャンピックス
免疫療法
温熱療法
食事療法
がんのリハビリテーション
健康食品・サプリメント
術後男性機能障害について
プラズマローゲン
院長コラム一覧へ