産経新聞 ゆうゆうLifeに掲載されました|東京都中央区銀座並木通りクリニックは内科・外科・呼吸器科の一般診療とがんの外来治療(腫瘍内科・緩和ケア内科)中心のクリニックです

東京都中央区の銀座並木通りクリニック|内科 外科 呼吸器科 がんの外来治療・緩和ケア・セカンドオピニオン

銀座駅 C8出口直結

月~金:10:00~18:00、電話番号は03-3562-7773

産経新聞 ゆうゆうLifeに掲載されました

難治がんと生きる(上) 根治せずとも共存

今後10年以内に2人にひとりが、がんで死亡
する時代が来るといわれ、がんは「国民病」
の様相を呈しています。
そんななか、標準治療が適合しにくくなった人
への治療法と、生活の質の維持が模索されて
います。

・難治がんと生きる(上)根治せずとも共存 
2007/9/17Web配信(別窓表示)

難治がんと生きる(中) 先端医療で選択肢増

再発や転移の伴うがんでは、手術や抗がん剤などでは目立った効果が上がらないのに、生活の質
が落ちるケースがあります。こうした治療に疲れ果て、副作用の少ない緩和的な治療法を選ぶ人
もいます。医療技術の進歩で治療法も増えていますが、問題は費用。最先端の治療が公的保険
でカバーされない場合などは、高額な治療費がのしかかります。

・難治がんと生きる(中)先端医療で選択肢増 2007/9/18 Web配信(別窓表示)

難治がんと生きる(下) 生存率高める緩和ケア

緩和ケアといえば、「がんの看取り」という受け止め方が、医療者にも患者にもあり、敬遠されがち
でした。しかし、「がん対策基本法」が成立し、がんの初期段階から痛みをコントロールするよう、
「緩和ケア」の位置づけが見直されました。痛みを抑え、闘病生活の質を上げようという試みが
始まっています。

・難治がんと生きる(下)生存率高める緩和ケア 2007/9/19 Web配信(別窓表示)

難治がんと生きる(読者からの反響) 生の選択続く模索

17~19 日掲載の「難治がんと生きる」に多くの反響をいただきました。難治がんになっても、
患者が医師にどう生きたいかを伝え、医師と協力して治療をしていくことが、よりよい時間を
継続するには重要のようです。

・医療 難治がんと生きる 読者からの反響 2007/9/27 Web配信(別窓表示)

メディア掲載情報
AERA  2015年9月7日号
大特集「がんを恐れない」
週刊現代
がん撲滅へ 名医6人が特別チームを結成
朝日新聞
私の視点
産経新聞
ゆうゆうLife
メディア掲載情報一覧へ
院長コラム
がん休眠療法
がん休眠療法治療成績
少量(低用量)抗がん剤治療
最低限の適応条件
少量(低用量)抗がん剤 副作用
脱毛
少量(低用量)抗がん剤 副作用
吐き気(消化器症状)
がん性腹水と
腹水濾過濃縮再静注法(CART)
禁煙外来・チャンピックス
免疫療法
温熱療法
食事療法
がんのリハビリテーション
健康食品・サプリメント
術後男性機能障害について
プラズマローゲン
院長コラム一覧へ